副業ちゃんねる

在宅副業 アフィリエイト 比較 まとめ

Top > 転売・せどり > 楽々かんたんebay輸出 は 楽器の海外輸出だけで食っていけるのか?

説明文:当サイトは、在宅副業アフィリエイト比較してまとめたサイトになります。
          リアル店舗やお小遣い稼ぎ、コピーライティングも!

■まとめサイトの利用方法■

通常のまとめサイトにある「まとめ作成」機能だけではなく、
まとめ作成&コメント投稿機能も備わっていて、読者様が参加できる仕様になっています。

気になる情報がありましたら、右上から「まとめ作成」を行い、どんどんコメント投稿をしてみて下さい。

画像や Youtube 動画のアップロード、まとめの参考サイトのスクリーンショットを取る機能も備わってい ます。

また、コメント内容が販売者や商品の権利を著しく侵害している場合は
削除させて頂く場合がありますので、正確な内容投稿と良識あるご利用を願っています。

楽々かんたんebay輸出 は 楽器の海外輸出だけで食っていけるのか?

楽器の海外輸出マニュアル。輸出に関する教材は数少ないだけにスキマを突いた貴重なマニュアルと言えます。◆◇これは楽器に詳しくなくても、楽器を見たり触ったりが好きな人ならやっていけるジャンルなのか?▲▽それに英語力のほうは問題ないのか?●○じっくり見てゆきたいと思ってます。☆★ 楽器は雑貨などに比べて高価なため、利益率が高いことで知られていますが、仕入れはどうなでしょう?・・やはり資金潤沢な人でないと難しいのか?あるいは、全く心配無用で安上がりなのか?▲▽その辺も気になりますよね?(o^-^o) ◆◇ひじょうに良心価格なマニュアルで、販売ページも綺麗ですね。●○楽器を扱うため、梱包と検品には細心の注意が要りそうですし、音だしもするわけですから、やはり楽器の中でも自分の好きな楽器で仕事を進められれば、かなりスムーズに展開できるのでは?・・と思います。▽▲ 販売ページを見たい場合、ここから少し下にある「楽々かんたんebay輸出」の「出典」というリンクを押すと販売ページに飛んで読めます。

投稿者名:小鹿

カテゴリ:転売・せどり

編集

ebayという世界最大のオークションサイト★☆楽器好きな人には向いていますね。d(^^*) 

楽々かんたんebay輸出

出典:http://rakurakuebay.biz/web/

楽々かんたんebay輸出はじめまして。岸田 友弘(きしだ ともひろ)と申します。まずは簡単に自己紹介をさせて下さい。上記プロフィールをご�...
【 小鹿による概略 】


教材名:楽々かんたんebay輸出

お値段:4,680円

サポート:30日間のメールサポート




ヤフオクの20倍近くの人が閲覧していると言われている、
ワールドワイドなオークションサイト、
ebayで活動できる輸出副業マニュアルです。


小鹿もebayは時々見ますが、
日本の実店舗やwebショッピング、さらにヤフオクやメルカリでも見ない
珍しい楽器があふれていて、目の保養に良いオークションサイトです。


《英語力はどうなの?》

今回のebay輸出では、決まったテンプレで説明を書いて出品するため
英語力は不要だと書かれています。


日本製の中古品がメインの輸出になるはずです。
私もebayをときどき見ますが、圧倒的に中古品が占めています。


ebayはオークションサイト
メイドインジャパンというブランドは世界の人が認め、
日本人というのも信用ある「ブランド」であります。


しかし、楽器というのはどれもデリケートなものですし、
専門知識や、演奏者としての経験は要らないものなのか?
それに、楽器にはそれ固有の特徴・不具合・傷などがあるもの。


書くバリエーションも100通り以上はあるはずなのですが
それでも決まったテンプレだけでカバーできるのでしょうか?


楽器は雑貨などの数百円というものではなく
やはり数千円からです。
仕入れから検品、出品を経て注文を得る。


そして入金確認してから輸出するのですが
資金的には、スタート2~3万円からいける感じですね。


扱うものは販売ページには明確に書かれておらず、
「ギター」という言葉が1回、「エフェクター」という言葉が数回出てきます。


エレキギター関係に詳しい人なら、
その周辺機器であるエフェクターなどの小物は送料も安い部類ですし、
楽器ほどデリケートでないのでスタートには丁度良いかもしれません。


しかしやはりこの分野は楽器好きな方が一番適合しそうです。
小鹿はスティールギターやアコーデオン、キーボードが好きなのですが
時間の余裕が出来たときには、実践してみたくなる世界です。


どんな楽器が対象なのか、販売ページに箇条書きでもいいので
書いて欲しかったですよね(^ ^;)
そしたらこの教材の購入者も
自分に向いていそうかどうか判断しやすいはずです。


◆エレキギターが好きな人
◆アコースティックギターが好きな人
◆シンセサイザーが好きな人
◆ハーモニカが好きな人
◆ドラムが好きな人
◆管楽器が好きな人
◆変音器に興味ある人  ・・etc ;


好みは人それぞれ分かれると思うし、
やはり好きなものを扱うほうが成功が近づくはずですからね。


確かに今のところ、参入者は少ないと思います。
ですがやはり「輸出」という性格上、
メールサポートは、もう1ヶ月欲しいなと感じました。

◇◆ヤフオクの20倍の人が見ると言われている、ebayで活動できる輸出副業マニュアルです◆◇ 

1

このまとめに対するコメント


コメント投稿

こんな記事も読まれています

おすすめ記事